中古車の法定費用について

トップページ > 中古車の法定費用について

中古車の法定費用について

中古車を購入するときにはどのような費用が発生するのでしょうか。もちろん車両本体の価格以外にも保険などさまざまな費用が発生します。ここでは法定費用について書いていきたいと思います。

 

さて、法定費用というのは、平たく言ってしまえば税金のことです。購入する中古車の排気量はいくつなのか、車検残があるのかないのか、などによって金額には違いが見られます。ですが、算出する方法については全国的に統一されているので事前に知ることができます。

 

自動車税は都道府県税に該当しています。この自動車税は購入する車の排気量によって税金の額が決まってきます。排気量が少ないほど税金は安く、排気量が大きいほど税金は高く設定されています。が、軽自動車に関しては金額が固定となっています。

 

自動車重量税は国税となっています。車両重量が大きくなればなるほど税金の額があがっていきます。ですが、車検残がある場合には支払わなくても良い税金となっています。というのも、この自動車重量税というのは車検を取得する際に車検の期間分支払うということになっているからです。

 

軽自動車は重量に関係なく一律の税率となっていて、車検期間によってその税金の金額は定められています。自動車取得税は都道府県税となっています。中古車を購入することで発生する税金となっています。取得価格に対する割合でその金額が決定されています。軽自動車だと価格の3%となっており、そのほかの車は5%となっています。

 

税金とは少し違ってきますが、自賠責保険料というのもそのほかにかかってきます。この自賠責保険は必ず加入しなければいけない保険のことです。車検の際に次回車検までの期間分の保険料を支払わなければいけません。消費税も法定費用に含まれています。が、特定の福祉車両などについては発生しないことになっています。

 

他には法定預かり費用というものがあります。これは印紙代のことですね。各種手続きを行ったときに支払うことになります。が、その金額に関しては地域ごとに多少の差が見られるようです。支払時期に関しては、リサイクル預託金が支払われているかどうかによって違ってきます。

 

また、自動車リサイクル料金も車両本体の価格に含まれている場合とそうではない場合とにわけられますので購入時にはしっかりと把握しておきましょう。