脳梗塞サプリ一覧@血液サラサラ成分一覧

脳梗塞になる前にサプリで血液サラサラに

脳梗塞が始まる前兆と初期症状とは

 

脳梗塞はいつ引き起こされるかわからない病気です。ですのでどういう初期症状なのか、どういう前兆なのか、そしていつ病院にいけばいいのかを把握しておきましょう。ではまず初期症状についてですが

 

・ろれつが回らなくなる
・言葉を出したくても出ない
・口を閉じれない
・片手や片足だけ思うように動かない
・片手や片足だけ痺れがおこる
・視界が狭まる
・片目だけ見えなくなる
・人の言葉が理解できない

 

などになります。これは血液の流れが悪くなっている状態で起こる症状となりますが血栓が原因の場合は溶けるので長くても一日で症状が一度治まりますが脳梗塞の初期症状ですので、気になる場合はすぐに病院に行きましょう。

 

それで脳梗塞が引き起こされるのを防げるかもしれません。特に痺れや思うように手足が動かせない、視界が悪くなるといったような身体の片方だけに見られる症状は脳梗塞を引き起こす可能性が非常に高いです。次に脳梗塞の前兆ですが、日常的に意識をすることで早めに気付ける場合がありますので覚えておきましょう。

 

・突然頭痛や肩こりの発症
・めまい、耳鳴り、震えなどが日常的に起こる
・なにもないところで躓く
・階段などで片足だけひっかかりやすい
・指先が自分の思うように動かなくなることがある
・簡単な計算に時間がかかってしまう
・声が上手く出せないことがある

 

といったようなものがあります。とにかく一時的でしたら見逃しがちかもしれませんが日常的にそういったことがある場合は注意する必要があります。CTやNRIをしないと見つからない場合もありますので気になったら病院で検査をしてもらいましょう。

 

脳梗塞について知っておく

 

脳梗塞というのは脳の血管が細くなったり、血栓によって血液の流れが阻害されることで引き起こされる症状となります。これによって脳に酸素や栄養が届かなくなりますので多くの障害が生まれてしまいます。脳梗塞にならないように知っておいてもらいたいのが兆候ですが、どういったものがあるのかを理解しておきましょう。

 

兆候は、ろれつが回らなくなったり、普通にしているのに顔に歪みが見えたり、片手や片足だけ力がはいらなかったり痺れが起こったり、視界が狭まったり、足がもつれてよくつまづいたりするというものがあります。

 

痺れや力が入らないということや視覚の異常でしたら何かしらの病気なんじゃないかと思うかもしれませんが、それ以外の兆候は知らないと普通に過ごしてしまって気付かないまま進行してしまう場合が多いので気をつけましょう。

 

また、脳梗塞に関しては高血圧や糖尿病、肥満、喫煙者などがリスクが高いといわれています。場合によっては突然引き起こされるということがありますので気をつけておきましょう。

 

治療内容に関しては薬物治療、手術、リハビリとなります。とにかく出来る限り早めに発見することで後遺症なども少なくなりますので気になったらすぐに病院に行くといいでしょう。

 

予防するには普段の生活などを改善する必要があります。食事や生活習慣を一度見直して出来る限り脳梗塞になるリスクを減らすことをオススメします。とにかく誰にでも引き起こされる可能性があるものですので気をつけておきましょう。

 

脳梗塞の治療方法について

 

 

治療方法は基本的に薬物治療、手術、リハビリに分けられますが、脳梗塞の状態などによって治療方法は異なります。それぞれの治療方法はどういった内容なのかをおぼえておきましょう。

 

・薬物療法
薬での治療は基本的に血栓を溶かす、血液が固まるのを抑制する、血小板の働きを抑える、脳の腫れを抑えるという症状がこれ以上悪くならないようにするための治療となります。内服薬、もしくは注射での治療が薬物療法となります。

 

・手術
脳梗塞の状態によって手術が出来るか出来ないかが変わってきますが、手術内容というのは状態によって様々です。血液が流れるようにするために血管を別の血管に繋ぎかえるのような手術などあります。部位によっても変わってくるということを覚えておきましょう。

 

・リハビリ
脳梗塞になると、手足が麻痺して力が入らなかったり、言語障害に陥ってしまったりする場合があります。そういった後遺症を回復させるためにリハビリがすぐにでも行われます。

 

このような治療方法がありますが、基本的にどういった流れで治療が行われるのかというと、まず脳梗塞が発症して病院に行くとすぐに検査となります。その検査によって治療方針が決定しますが手術、薬物療法どちらかになります。

 

そして、動けるならすぐにでもリハビリが行われますが、入院になりますので最初は病院のベッドで軽く手足を動かしたりというところから入ります。言語障害の場合は、専門の療法士の方のリハビリがあります。

 

そして、退院後はリハビリ施設や自宅でリハビリを継続して再発がないように過ごします。これが脳梗塞の治療に関する一連の流れになります。

 

脳梗塞を再発防止させない為の方法とは

 

早速ですが、再発させないようにするには生活習慣を改善するということです。何をどう変えればいいのかをしっかりと把握して家族も一緒に支えていきましょう。

 

では、まず一つは食生活の改善になります。脳梗塞とどういう関係があるのかというと、もちろん悪い影響のある食品は存在していますし、予防に役立つ食品もあります。そういったものを見極めて摂取するようにしましょう。また、その上で健康食品などを取り入れることが大切です。脳梗塞に効くサプリメントなどでもいいので脳梗塞を予防できるような栄養素を食事と一緒に摂取するようにしてください。

 

次に水分補給ですが、体内の水分が不足してしまうと血液の流れが悪化したり、血液自体がドロドロになってしまいます。それが原因で脳梗塞になったりしますので、夜寝る前や起きてすぐなどしっかりと水分補給をするようにしましょう。そして一番大事なのが適度な運動や飲酒、喫煙といったようなリスクを高める事を避けるように生活することが再発を防ぐことになります。脳梗塞の再発を考えずに喫煙などをする方がいますが本当に危険な病気だということを把握しておきましょう。

 

そして最後はきちんと薬物療法を行うということが大切になります。また、薬を服用するということは副作用もありますので、その副作用についても事前にしっかりと把握しておくということが大事です。とにかくこういった点に着目して脳梗塞の再発防止に努めるという気持ちが大事になります。

 

男性も更年期に記憶力が落ちる?

 

更年期障害といえば女性のものと考えられますが、男性にも更年期障害は見られます。その症状の一つに「記憶力の低下」があると言われています。歳をとったら当然脳の働きが鈍くなっていきますので、この記憶力の低下は起こるのですが、更年期によるものは多少違いがあります。

 

まだ定年退職をせずに仕事をしている場合はこれは深刻な問題で、大事な会議や約束を忘れてしまったり話した内容を覚えてなかったりするのです。

 

更年期によって記憶力が落ちるケースが、老化とは違っている点としては、記憶できることは記憶できるが、小さい些細なことはなぜか忘れてしまうというところ。うっかり忘れるというレベルではなく、それが頻繁に起こり始めるので注意しましょう。

 

男性の更年期障害は、心療内科で診てもらえますが、抗うつ薬や精神安定剤の処方によってある程度の改善が見られるようです。しかし、あくまで改善であって、十分な回復ではないことも多いので、別途対策方法を立てておく必要があります。

 

たとえば、メモやICレコーダーなどでの録音の習慣をつけておく、といった方法が大事で、商談などの後には必ず内容をまとめるようにするなど、自分の記憶力を当てにしないで、記録力を頼りにするという方法です。

 

覚えなきゃというストレスが逆に記憶力を弱くしてしまうこともあるので、こうしたストレスを極力減らすためにもそうした手段に訴えるのも知恵ある方法です。

 

記憶力の低下によって日常生活に悪影響が起こることは少なくありませんから、できる範囲の対策を準備しておいて、記憶力の衰えをカバーできるようにしておきましょう。習慣になれば、老化による認知症・痴呆症になったとしても生活上のトラブルを減らすことも可能です。

 

参照:http://xn--vck8crc5062bohczu6b.tokyo/

 

高血圧を下げる作用がオメガ3系脂肪酸にはある

 

血圧が基準値を超えてしまって、高血圧になってしまった場合、色々な危険な病気の発症リスクが高くなってしまいます。健康診断などで高血圧だと診断されてしまったのであれば、既に動脈硬化になっている疑いもあります。この場合、血行が悪くなってしまっているだけではなく、動脈の壁が硬く耐久性が低下してしまっているということになります。

 

高血圧になっているということは、血液の中に中性脂肪やコレステロールが多くなりすぎてしまっていて、血管が狭くなります。そして、心臓がスムーズに血液を流していくために、圧力を高めてしまうのです。これが高血圧を引き起こしてしまっている原因になっているのです。

 

つまり高血圧になっているということは、それだけ心臓にも負担をかけてしまっているということになりますから、心疾患を誘発してしまう危険性が高くなるのです。ですので、高血圧の対策をしていかなくてはならないのですが、高血圧対策をするのであれば、高血圧 サプリ等でオメガ3系脂肪酸をしっかり摂取するようにしましょう。

 

このオメガ3系脂肪酸を十分に摂取することによって、サラサラの血液にしていきやすくなります。これによって、血液の流れがよくなり、血行を促進させられるようになりますので、動脈にも心臓にも負担をかけにくくすることができます。

 

また中性脂肪やコレステロールを減らすことも出来るようになりますので、血管にコレステロールなどがこびりつきにくくなります。では、このオメガ3系脂肪酸はどのような食材に含まれているのでしょうか?オメガ3系脂肪酸というのは、豆類や緑黄色野菜、亜麻人油、青魚などに含まれています。

 

このオメガ3系脂肪酸の代表成分であるEPAやDHAも高血圧を低下させていく働きが期待できるだけではなく、コレステロール値や中性脂肪値を下げやすくしていくことができます。ですので、高血圧対策と同時に動脈硬化対策をしていくことも出来るのです。

更新履歴