脳梗塞サプリ一覧@血液サラサラ成分一覧

脳梗塞になる前にサプリで血液サラサラに

脳梗塞が始まる前兆と初期症状とは

 

脳梗塞はいつ引き起こされるかわからない病気です。ですのでどういう初期症状なのか、どういう前兆なのか、そしていつ病院にいけばいいのかを把握しておきましょう。

 

ではまず初期症状についてですが

 

・ろれつが回らなくなる
・言葉を出したくても出ない
・口を閉じれない
・片手や片足だけ思うように動かない
・片手や片足だけ痺れがおこる
・視界が狭まる
・片目だけ見えなくなる
・人の言葉が理解できない

 

などになります。これは血液の流れが悪くなっている状態で起こる症状となりますが血栓が原因の場合は溶けるので長くても一日で症状が一度治まりますが脳梗塞の初期症状ですので、気になる場合はすぐに病院に行きましょう。

 

それで脳梗塞が引き起こされるのを防げるかもしれません。特に痺れや思うように手足が動かせない、視界が悪くなるといったような身体の片方だけに見られる症状は脳梗塞を引き起こす可能性が非常に高いです。

 

次に脳梗塞の前兆ですが、日常的に意識をすることで早めに気付ける場合がありますので覚えておきましょう。

 

・突然頭痛や肩こりの発症
・めまい、耳鳴り、震えなどが日常的に起こる
・なにもないところで躓く
・階段などで片足だけひっかかりやすい
・指先が自分の思うように動かなくなることがある
・簡単な計算に時間がかかってしまう
・声が上手く出せないことがある

 

といったようなものがあります。とにかく一時的でしたら見逃しがちかもしれませんが日常的にそういったことがある場合は注意する必要があります。CTやNRIをしないと見つからない場合もありますので気になったら病院で検査をしてもらいましょう。

 

脳梗塞について知っておく

 

脳梗塞というのは脳の血管が細くなったり、血栓によって血液の流れが阻害されることで引き起こされる症状となります。これによって脳に酸素や栄養が届かなくなりますので多くの障害が生まれてしまいます。

 

脳梗塞にならないように知っておいてもらいたいのが兆候ですが、どういったものがあるのかを理解しておきましょう。

 

兆候は、ろれつが回らなくなったり、普通にしているのに顔に歪みが見えたり、片手や片足だけ力がはいらなかったり痺れが起こったり、視界が狭まったり、足がもつれてよくつまづいたりするというものがあります。

 

痺れや力が入らないということや視覚の異常でしたら何かしらの病気なんじゃないかと思うかもしれませんが、それ以外の兆候は知らないと普通に過ごしてしまって気付かないまま進行してしまう場合が多いので気をつけましょう。

 

また、脳梗塞に関しては高血圧や糖尿病、肥満、喫煙者などがリスクが高いといわれています。場合によっては突然引き起こされるということがありますので気をつけておきましょう。

 

治療内容に関しては薬物治療、手術、リハビリとなります。とにかく出来る限り早めに発見することで後遺症なども少なくなりますので気になったらすぐに病院に行くといいでしょう。

 

予防するには普段の生活などを改善する必要があります。食事や生活習慣を一度見直して出来る限り脳梗塞になるリスクを減らすことをオススメします。とにかく誰にでも引き起こされる可能性があるものですので気をつけておきましょう。

 

脳梗塞の治療方法について

 

治療方法は基本的に薬物治療、手術、リハビリに分けられますが、脳梗塞の状態などによって治療方法は異なります。それぞれの治療方法はどういった内容なのかをおぼえておきましょう。

 

・薬物療法
薬での治療は基本的に血栓を溶かす、血液が固まるのを抑制する、血小板の働きを抑える、脳の腫れを抑えるという症状がこれ以上悪くならないようにするための治療となります。内服薬、もしくは注射での治療が薬物療法となります。

 

・手術
脳梗塞の状態によって手術が出来るか出来ないかが変わってきますが、手術内容というのは状態によって様々です。血液が流れるようにするために血管を別の血管に繋ぎかえるのような手術などあります。部位によっても変わってくるということを覚えておきましょう。

 

・リハビリ
脳梗塞になると、手足が麻痺して力が入らなかったり、言語障害に陥ってしまったりする場合があります。そういった後遺症を回復させるためにリハビリがすぐにでも行われます。

 

このような治療方法がありますが、基本的にどういった流れで治療が行われるのかというと、まず脳梗塞が発症して病院に行くとすぐに検査となります。その検査によって治療方針が決定しますが手術、薬物療法どちらかになります。

 

そして、動けるならすぐにでもリハビリが行われますが、入院になりますので最初は病院のベッドで軽く手足を動かしたりというところから入ります。言語障害の場合は、専門の療法士の方のリハビリがあります。

 

そして、退院後はリハビリ施設や自宅でリハビリを継続して再発がないように過ごします。これが脳梗塞の治療に関する一連の流れになります。